保育園勤務を希望する上でのアピールポイントとは?

2kansen保育園に勤務する看護師にとって、
重要な知識ってどんなことでしょうか?

保育園てそもそも、
どんなところだと思いますか?

 

下は生後3ヶ月くらいの新生児から、
上は小学校に入学する前の6歳児まで、
かなり年齢層が広い子どもたちが通ってきています。

看護師の役割というのは、
この子どもたちの健康管理が主なものですが、
健康診断をする時には補助をしたり、
日々の事故防止、感染症対策なども行うんです。

 

アレルギーを持っている子どももたくさんいるので、
その体調管理というのも行いますよね。

つまり、これが出来る知識、
それに対応法などをしっかりと学んでおくこと、
習得しておくことというのが大切になっているんですよ。

 

面接の時には、
いったいどんなことを聞かれると思いますか?

やはり保育園で勤務する看護師の専門性を、
どのように発揮して行きたいのか。
という点があるんです。

 

例えば、子どものかかりやすい感染症対策の一つとして、
嘔吐してしまった場合の対処法など、
看護師ならではの知識を交えて説明をするということもいいですよね。

子どもと触れ合うことが好きで、
コミュニケーションなども強調してみるといいと思います。

 

小児科や産婦人科などの経験があり、
病気の子供のケアの方法などに長けていることをアピールするのもおすすめです。

また、保護者とのコンタクト、
コミュニケーション方法なども説明してみると、
保育園側としてはかなり目を引くことになりますよ。