看護師が保育園へ有利に転職するテクニックとは

主な仕事は乳児や幼児の健康管理

njnjfwser

医療機関である病院やクリニックと異なり、
保育園や幼稚園で働く保育所看護師と呼ばれる職場があり、
小さな子供が好きと言う方には最良の転職先となります。

医療機関では、採血や処置、
医師の診療補助を行う業務ですが、この施設では、
乳児や幼児の健康管理などが主な仕事となります。
 

また、子供ではかかりやすいとされている
感染の予防業務も重要な業務となります。

もちろん、国家試験に合格した看護免許資格を
必要とするものであり、
正看護や准看護の採用基準も施設によって異なるものとなります。
 

保育施設には、看護スタッフの人員配置は
義務化されているものではありませんが、
努力義務によって看護スタッフを雇用している施設が多いです。

 

 

小児科で経験があると有利?

先ほど述べた医療機関との異業務である為、
様々な資質が必要とされる職場でもあります。

医療機関では、先輩や同僚の存在がありますが、
この施設では、少数もしくは一人の配置にあることが多く、
幼児、保育士、親御さん等とのコミュニケーション能力が必要となります。
 

また、怪我や発熱などの対応も看護資格を持つ者を頼る事となり、
応急処置や設備の少ない中、判断力や行動力が必要になります。

小児科で経験ある方にとって非常に優位な職場でありますが、
救急看護、小児救急看護、
新生児集中ケア等の専門看護資格
を持つ方も必要とされます。

 

 

スペシャリストな資格がある?!

qiuwhejf

両親の共働きが増え、保育園のニーズも高まっています。

とくに小さい子供を抱えた共働きの家庭にとって
子供の病気はとても大変です。
 

仕事も休めないし、子供を見てくれる手もいない。
途方にくれる方も少なくないでしょう。

そんな子供を預かってくれる所が病児保育です。
 

もし看護師のあなたが保育園に転職を希望するのであるのなら、
この病児保育スペシャリストの資格を持っていると無敵でしょう。

子供はいつどこで熱を出すかわかりません。
 

また子供がたくさん集まる場にいれば
それだけ病気や感染症にかかるリスクも高まります。

とくに乳幼児期は抵抗力もすくないためすぐに熱をだしたり、
感染症にかかったりしやすいものです。

 

 

保護者も安心できる資格

この病児保育スペシャリストの資格をもっていれば
保護者も安心して子供を預けることができます。

またその資格をもつことで、さらに子供がかかりやすい
病気に対しての知識も豊富になります。
 

病気の予防や早期発見、
看病する上での注意点
などもしることができるでしょう。

そして保護対応にもとても役に立ちます。
子供が病気になるということは親もとても不安なものです。
 

その不安を取り除き、安心感を与え、
自宅における看病のアドバイスをすることによって
保護者も安心して仕事をすることができるでしょう。